結婚を目指す女子を徹底サポート

彼氏を作ってステキな結婚をしたい!そんな女性にお送りする情報です! - 結婚したくても焦りは禁物です!

結婚したくても焦りは禁物です!

婚活のタブー、それはひとえに「焦る」ことです。
焦らずじっくりと追いかければ追いかけるほど、逃げて遠くへ行ってしまう男のように、結婚も焦れば焦るほど遠のいてしまうと言えます。
「急いてはことをし損じる」「急がば廻れ」といったコトワザで済むことでもありませんが、「結婚したい!!!」というあなたの気迫が焦っている印象を相手に与えると、婚期を遠ざけてしまうんです。
具体的なNGワードをご紹介しましょう。自分が何気なく口にしていないか、振り返ってみてください。(こちらの彼氏の作り方~彼氏募集サイト紹介~というサイトでも細かい具体例など紹介しているので、気になる方は参考にしてみるといいかもしれませんね。)

●「誰か紹介して〜」
誰か(いい人を)紹介してほしくて、親しい友人にこんな一言を発してませんか?
この言葉、周りには「(もはや誰でもいいから)紹介して〜」という節操の無いセリフに聞こえているんです!
節操が無いのかなぁという印象を与えてしまいます。
友人を頼ってはいけないというわけではありません。
「背の高い人」「男らしい人」「仕事を頑張っている人」などなど、ちょっとした具体的な条件をつけてお願いすると良いでしょう。

●「結婚を前提にして交際を…」
確かにこの言葉、真面目で誠実な言葉に聞こえますね。
でもこれ、妙齢の女性がファーストコンタクトで言うことではありません。
「交際=結婚です!」と宣言しているようなものです。
「結婚を考えられる方と…」なんて言うのも同じこと。
形式にのっとったお見合いでない限り、「結婚してもらいますから!」というアピールは男性に引かれてしまう結果となります。

●「寿退職したーい!」
あなたは結婚がしたいんですか?
それとも会社を辞めるための理由作りのために結婚したいんですか?
いい加減で甘過ぎる印象を与えます。
ただでさえこの不景気の時代、たとえ専業主婦に賛同してくれる男性だとしても「こんな女性を養いたくない」と思わせてしまいます。
仕事が忙しい時、つらい時、言いたくなる気持ちもわかります…でも誰が聞いているかわからない場所ではグッと飲みこんでおきましょう。

いかがでしょうか?
「焦りは禁物」と頭の中で唱えるだけでも、婚活に対する姿勢が変わってくるのではないでしょうか。
スタンスが変われば、今度は結果が変わってくるはず。
是非試してみてください!

Copyright(C)2015 結婚を目指す女子を徹底サポート All Rights Reserved.